春にして君を離れ
『春にして君を離れ』アガサ・クリスティー(クリスティー文庫)

優しい夫、よき子供に恵まれ、女は理想の家庭を築き上げたことに満ち足りていた。が、娘の病気見舞いを終えてバグダッドからイギリスへ帰る途中で出会った友人との会話から、それまでの親子関係、夫婦の愛情に疑問を抱きはじめる……女の愛の迷いを冷たく見据え、繊細かつ流麗に描いたロマンチック・サスペンス。(本書あらすじより)

翻訳ミステリー大賞シンジケートの人気連載「アガサ・クリスティー攻略作戦」で、先日この『春にして君を離れ』の番になったわけです(詳しくはこちら)。
でまぁ、わたし、クリスティーはあらかた読んでるのをいっつも自慢しているわけですけど、メアリ・ウェストマコット名義と戯曲は全部読んではいないんですよね。ってかウェストマコットは1つも読んでないんですけど、はい。
でまぁ、天才書評家・霜月蒼さんのそそられるレビューを読み、ついに手にとったわけです。


読みました。


……うぉぉ、これはヤバいです。恐ろしいまでの傑作。これを読まずに「クリスティ好きです」とか言ってた昨日までの自分が恥ずかしいぃぃぃぃ。

ストーリーとしてはあらすじ以上の話ではありません。ただただ、中年女性が自分の半生を振り返る物語。ただそれだけなのに、これだけ心をえぐるような気分にさせられる小説って、ちょっと普通じゃないですよ。

とにかく、読者が読んですぐ"気付く"ように出来ているのが恐ろしいですね。絶妙に配置された回想エピソード。そしてラスト。なぜこんなに面白く「読まされて」しまうのでしょうか。
読者から見れば、主人公ジョーンは、滑稽な、哀れな人でしかありません。しかし、「ひょっとして自分も……?」と考えると……あぁ恐ろしい。

人によって、大きく捉え方・感じ方の違う作品でしょう。ですから、自分の感想文にゃ何の意味もないので、未読の方はすぐ買ってくることをお勧めします。霜月さんもおっしゃってますが、「未読のひとは即座に読むべし」です。


読んですぐ思い出したのが、「善意のサスペンス」とも呼ばれるアームストロング『毒薬の小壜』。『毒薬の~』と『春にして~』は、まさに表と裏の関係にある気がします(読み終えるとますますそう思う)。『春にして~』は言うなれば「悪意のサスペンス」でしょうか。

いやぁ、素晴らしいミステリ(これはミステリです)を読ませてもらいました。さっすがクリスティ。怖い。

これでクリスティー文庫102冊中、残すところ戯曲5(4?)冊、ウェストマコット名義5冊、『さあ、あなたの暮らしぶりを話して』、『アガサ・クリスティーの秘密ノート(上下)』の計13冊。ぐはぁっ、結構あるじゃないですか。

書 名:春にして君を離れ(1944)
著 者:アガサ・クリスティー
出版社:早川書房
    クリスティー文庫 81
出版年:2004.4.15 1刷

評価★★★★★
スポンサーサイト
アクロイド殺人事件
『アクロイド殺人事件』クリスティ(新潮文庫)

財産家アクロイド氏が刺殺された書斎から消えた一通の手紙――。それは事件前日に謎の自殺を遂げたファラーズ夫人からのものであった。冷酷な良人を病死に擬装して毒殺した婦人の秘密を知る男が事件の鍵を握るのか、単なる財産目当の殺人か。被害者とその財産をめぐる複雑な人間関係を、私立探偵ポワロ氏が解明する!完璧なトリックで読者に挑戦する全く新しい探偵小説である。(本書あらすじより)

自分は自他ともに認めるクリスティ好きでして、今のところ、史上最高のミステリ作家はアガサ・クリスティである!という意見を持っています。クリスティなら全部読んでるし、と言ってきたましたが、よくよく考えると、戯曲とノンミステリは読んでいないんでした……あ、いや、それはともかく。ちょっと昔語りをします。


自分が初めて『アクロイド殺し』を読んだのは、確か中学2年の時です。1年かも。3年ではないはず。6年前ですね。クリスティの長編は半分以上読み終わっていました。
で、何やらすごいというウワサを聞きながらクリスティー文庫版を手にとってみたところ……え、なに、こんだけかよ、とかなり白けてしまったんです。トリックに使われた例の物が何なのかよく分からなかった、というのもあると思いますが、正直なところ、読んでいて犯人が相当分かりやすかったんです(だって特に、あるシーンとか、なんか露骨だったんだもの……)。これは何の根拠もないんですが、クリスティをある程度読みなれた人は、『アクロイド殺し』の犯人の見当がついてしまうのではないでしょうか。たぶん。
というわけで、自分の中で、『アクロイド殺し』と言えば、歴史的価値はすごいんだろうけど、クリスティの傑作群と比べると劣るのではないか……という結論になっていました。


で、時代は飛び、現代。サークルの読書会関連で久々に手に取ったわけです。図書館のクリスティー文庫は借りられていて、いつまでたっても返してくれないので、新潮文庫版にしました。

で、読んでびっくり。なにこれ、すっごく面白い。

もはやストーリーも細かい伏線もそもそもあらすじも何一つ忘れきった状態で読み始めたわけですが(あ、いや、さすがに犯人は覚えていました。これを忘れるのは無理です)、久々のクリスティという感慨もあって、とにかくガンガン読めること読めること。新潮文庫版は中村能三さんが訳されているのですが、この訳もいいですね。解説のアクロイド批評もなかなかのものです。

で、読みながら痛切に思ったのですが、『アクロイド』は犯人を知ってから読むほうが断然面白いのです。これはもう間違いありません。特にクリスティを読みなれてしまった自分のような人ならなおさら。初読時はとにかくトリックばかりが印象に残ってしまうと思うのですけど、いざ読んでみると、これはそんな一辺倒な作品ではないことが分かります。綿密に張り巡らされた伏線、二転三転する証拠の数々などなど、これは普通に推理小説として上出来です。クリスティお得意のサブの事件の数々、それらが次々と解決されていくカタルシスも健在(この手法は『ナイルに死す』において最大限発揮されています)。

そして犯人を知っているからこそ分かる、クリスティの小説としての技巧、ですね。一行一行細かい配慮のもと書かれていることがよく分かります。ここを楽しむには、やはり再読しなきゃいけない、というわけですね。なるほど。


もちろん、この大トリックに頼ったがための欠点があるのも事実。例えば、ミステリ作家の中で断トツとも言えるクリスティお得意のミスディレクションがほとんどありません。これはこのトリックがある以上、ある意味仕方がないとも言えますが、読者が「こいつが犯人かも?!オレ、クリスティの考え読めちゃったんじゃね?!」という、あのざまぁみろな騙され方がほとんどありません。つまり、怪しい人がいないんですよ。これはちょっと問題です。
また、証拠がかなり乏しい、という問題もあります。状況証拠ばかりで、よく考えると、犯人があの人であることを正確に示す事実はほぼゼロです。考えようによっては、あの人が順当に犯人であってもおかしくありません。だからこそこういう余韻のある結末にしたのかも……とも思えますが。


いずれにせよ、『アクロイド』はミステリ史上の傑作でした。うぅん、またクリスティ再読していこうかなぁ。


追記1:やっぱり彼女はすべて気付いていたのでは、と思います。

追記2:新潮版の表紙は良いですね。

追記3:それにしても、どうして作者名がファミリーネームだけなのか。岩波とかしょっちゅうですけど。

書 名:アクロイド殺人事件
著 者:アガサ・クリスティ
出版社:新潮社
    新潮文庫 ク-3-1
出版年:1958.8.25 1刷
    1986.1.25 52刷

評価★★★★☆